スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク at | - | - | - |

時をかける少女、ゲド戦記

渋谷に友人と住んでるんすけど、
たまーに一人で映画みたいなーってときがあって、最近2個観てきました。


一つ目は「ゲド戦記」。←ちょこっとネタバレ注意

友人がデートでいくもんじゃないって言ってた映画です。
突っ込み満載のクセモノ映画でした。

俺が小さい頃見ていたらトラウマになっていたでしょう。
小さい子が観たらトラウマになりそうなシーンが2箇所ありました。

キャラも
とーっても間抜けで友人(愛人?)たちに巻き添えを食らわすおっさん
なんか知らないけど精神分裂している王子
勢いあまって竜になっちゃった子
なんも考えないで行動している感じの頭悪い敵キャラたち
おっちゃんとなぜか仲悪いおばちゃん魔女
なぜか共食いしている竜
やたら性格悪いおばちゃん二人

とよくわかんない人が多いです。

しっかりとしたキャラもいたんですが、映画が始まって10分くらい?
で殺されてました。

んでまたスケールが小さいと感じた。
群馬県高崎市日高町1丁目で起きた、八百屋キャベツ盗難事件
なみのスケールでした。(言いすぎか?)

ゲドって映画の中では畑耕す以外何もしてないよね。
スプーンの持ち方はあれでいいのでしょうか。

よかった点としては音楽。
テルーの唄?はよかったけど、歌ってたときのテルーがずっと同じ
アングルで口パクだったのが、残念。
もっとキレイに表現してほしかった。

ファイナルファンタジー12くらいの面白さでした。


二つ目「時をかける少女」。

おもしろい!!!
バタフライエフェクト・タイムリープ・サマータイムマシンブルース
バックトゥーザフューチャー同様のタイムスリップ映画です。

時間をさかのぼって過去の出来事をやり直せるんだけど、その度に
色々と人間関係や状況が変わってしまうってやつ。

「時をかける少女」はタイムスリップの面白さに加えて、
自分自身の高校生活を自然と思い出させられて、ノスタルジックな
気分になれました。

友情、淡い恋心・・

高校時代の恋愛がなぜうまくいなかいのかがわかりました。
てか恋ってすれ違ってしまうものなんだね。


結論としては「時をかける少女」”は”とってもとっても楽しいかったです。





林 裕一郎 at 00:24 | comments(3) | trackbacks(0) | 映画 |
| 1/1PAGES |